www.slaterlabs.com

外国為替証拠金取引(FX)についての面白みは、一つの投資商品であるはずがお金を掛ける期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」の中からいずれを選択するかということで、出資の手法が大きく異なってくるというところにあります。外貨への投資の「長期の投資」について見てみましょう。長期のスタンスは、一年以上の出資を原則としています。だいたい為替においては一年以上経った後の為替相場が円高か、円安になっているかを予言することは多くは難問でしょう。普通は、「そこまで先の変動は予知できない」と考えるのが実際のところなのです。予測もできないものをなんとか予測しようともそんなことは無謀なことなのです。そのため他の貨幣を買い、その時点でのレートよりも円高に変動したとしても近いうちに円安に戻るはずだというポジティブなイメージで売り買いに参加するのがベストです。為替の利益を何が何でも目指すだけでなく他の方法での収益、つまりはスワップポイントを稼ぐのを第一のゴールということでお金を預けてみましょう。当然のことながら短期で為替変動による損がなってしまうことがあります。ですから、大きな差損が膨らんでも影響のないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめでトレードするのは重要です。FXは、為替差損が一定範囲を超えて更に広がると追い証が発生したり、損切りがかかったりします。ストップロス(ロスカット)をすることになったら、直ちにトレードを清算せざるを得なくなり、長期取引はダメになります。このような危険を回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍くらいでトレードするのが安心です。2番目に中期の投資での売買についてです。中期の場合は、長くても2ヶ月位後を想定してのトレードなのです。為替の売買の時は、だいたい1ヶ月くらい後のことはおおかた予想できるだと思います。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)等の閣議や為替トレードに参加している人たちがどういったことに関心を持っているかを聞いてみればいくらか、見当がつくでしょう。このようなファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見ながらなおチャートを参照することによって為替レートの状況を把握する事ができトレードを判断するのがいいと思います。基本的に、ファンダメンタルズとジャッジのどっちも良い状態であり、もしくは買い傾向が一致している時は、ほぼそのまま行くと考えて良いです。そこで保有高を増やすことで一層高い儲けを獲得できるのはほぼ間違いないでしょう。最後に短期のスタンスのコツ。この短期のトレードはつまりはデイトレードのことを指しています。為替市場でデイトレードをする場合経済の基礎的条件はまったく絡んでいないと断定していいです。なぜかというと翌日のレートの変動に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は関係がないからです。この場合最大のポイントは大きい出来事がある場合それにより為替のレートが目立って動くタイミングを見逃さないよう行動することです。たとえば米国にて雇用の統計が提示される、それとも金融会議などで金利が変化するほどのイベント。こんなチャンスに変移を逃さないという理由から、短期トレードでは多種のものが必要となる。

Link

Copyright © 1996 www.slaterlabs.com All Rights Reserved.