www.slaterlabs.com

FX(外国為替証拠金取引)で投資する面白みは、一つだけの投資商品であるはずがお金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」という3つの期間からいずれを選定するのかによって、投入の手だてがまるっきり変わってくることにあると言います。初めに外貨投資する「長い時間をかけるスタンス」について考えましょう。長期の投資というものは一年以上の出資を原則としているのが通常です。為替の相場で一年以上先々のレートが円高になっているだろうか、もしくは円安になっているかを考えるということはたいてい難題だと思います。通常なら、「それほど後々のことは予言できない」というのが本当のところだと思います。予想もできないのに頭を悩ませて推測しようとも、そんなことは意味のない行為です。したがって、外貨を買い、その買いレートよりも円高に変動したとしてもその分は待っていれば戻ってくるはずだという気持ちでやり取りに臨む必要があります。為替の差益を大きくするだけでなく他の収益言い換えればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げるというのを一番最初の目当てにして出資してみましょう。無論、差損にマイナスが膨らんでしまうことがあります。ですから、そんな為替差損が膨らんでも影響の少ないよう、レバレッジを少しに設定する心がけはポイントです。FXは、差損が決まった範囲以上増えてしまうと、追加保証金(追い証)が発生したり、またはロスカットを置く必要があります。ストップロス(ロスカット)をしたら、早くトレードをフィニッシュしなければならず長期のトレードがダメになります。こういうリスクを回避するためには、レバレッジ2?3倍ほどで取引するのが安心です。次に中期での売買についてです。中期のスタンスの場合、最大でも2ヶ月程後々を見越しての取引をします。為替のトレードの時は、約1ヶ月後のことであればほとんどの場合予知できると言われます。G7等の各国の論議や、為替トレード参加者がどんなところに注目しているのかを聞けばある程度推測できるはずです。このようなファンダメンタルズをチェックしつつ、チャートを参考にすることで、為替の動向を把握できるようになりトレードを判断するのがベストです。基本的に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカルのどちらでも良い感じであり、あるいは買い傾向が同じであれば、おおよそジャッジした通りに動いていくと考えて良いです。そのような時は保有高を増やしておけば大きい儲けを入手できるのです。第三に短期の要点。この短期スタンスが示しているのは、すなわちデイトレを言っています。為替でデイトレードをする場合は、経済の状況は絶対に関係ないと言い切れます。なぜならあくる日の為替の相場の変化に経済の状態は関連がないからです。ここで一番の狙いどころは目立った行事がある場合、それにより為替のレートが大幅に動くチャンスを狙ってやり取りしましょう。例を挙げると、アメリカで雇用の統計が公開されるそれとも金融会議などで金利が変わるほどのイベント。こういう大事な機会に動きを見過ごさないといった理由で、短期のトレードは多種のデータが必要となる。

Link

Copyright © 1996 www.slaterlabs.com All Rights Reserved.