www.slaterlabs.com

外為市場としてのFX(外国為替証拠金取引)を、詳しく追求していきましょう。外国為替証拠金取引(FX)のやり方は、二つの通貨を取引することによって両者の差額の利益を獲得できるといったような方式になります。こうした二種類の貨幣の中で作り出される利益をスワップ金利と呼びます。このスワップ金利とは正式にはスワップポイントというようです。スワップ金利(スワップポイント)は、日ごとに得られますがその為替相場の動き方でわからないそうです。こうした外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)を取得することが目的で、取引をしている方々もいるみたいです。スワップポイントは取引するFX業者により違いがあるためほんのわずかでも儲けが多い業者を使いたいものですね。けれども、スワップ金利(スワップポイント)は為替のレートが変わってしまうと変動してしまうので気をつけましょう。併せて、為替取引を行う際には図を読む力が必要になってきます。こうしたチャートを読み取れると、為替のトレードの変動を理解する可能になるのです。外国為替ビギナーの方が見た場合、何を示しているチャートですか?とわからないと感じてしまうかもしれませんが重点を抑えておくことにより図表が理解可能となるみたいです。この時期から日本円が上昇するだろうとか下降するなど、ここが最も円安とこのチャートを読む事で判断する事が出来るようになり、為替の取引をする際は大いに役に立つデータとなるようです。このチャートは日本ではローソク足が使われており名前の通りローソクの形のチャートで示されています。ローソク足(陰陽足)は、高値・安値また終値・始値等を表示していて図の中でいろんな形になっているのです。

Link

Copyright © 1996 www.slaterlabs.com All Rights Reserved.