www.slaterlabs.com

「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって儲けを得る取引です。売り買いの価格は、1日中変化しています。それがレートです。インターネットを見ていると、外貨のレートの話題が流れる時があります。例としてあげると、「本日のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を意味するのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表しています。すなわち、取引には、買いと売りの2つの値段があります。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示する業者も存在しています。一般的に売値のほうが買値よりも安価に決定されています。自分が買値は高く、売値は安くなるものです。その差をスプレッドといい会社の収益とされています。スプレッドの広さはFX会社によって変わります。スプレッド幅は自分自身にとって出費になるので、小さい取引会社をピックアップするほうが得します。ただ、同じ会社でも場面によってスプレッドの差は変化します。もしも普段はドルと円のペアで1銭のスプレッド幅とは言っても、為替相場の変動が大きいケースでは3銭、4銭になったりするのです。なので、スプレッドの幅が狭いのと共に、変化しない事が不可欠です。近頃では変わらないスプレッド幅を見せるFX取引会社も数多くあります。リアルに業者のトレード画面内で本当の相場を見て確認しなければ区別できないので億劫ですがとても大切なことです。多くのお金を使って取引をしますので、本物の売り買いの前に興味があるFX業者の取引するための口座開設を全てして示されているスプレッドの幅をチェックしましょう。同じペアでもその瞬間の為替相場の変動率(ボラティリティ)によって通貨のスプレッド幅は変わることがあります。普通は、銀行間取引で売買高が多い通貨ペアではスプレッド幅が狭くそれ以外の通貨ではスプレッドの差が広くなる傾向にあります。

Link

Copyright © 1996 www.slaterlabs.com All Rights Reserved.