www.slaterlabs.com

現実にPCのディスプレイの前に座り、いつも上下しているレートを見ていると、すぐに取引をしなくてはいられないという思いが生まれる事も少なくありません。しかしながら、漠然とした感覚で売り買いをすることだけは、絶対にしてはいけません。ご存知の通り、外国為替相場は年中いずれかで為替市場は変動しているし、相場もいつでも変動している。そうであっても、何回も売買を積み重ねると、その分だけ損失が生じる確率が高まってしまう。当然の事ながら、エントリーの数を経験することによって稼げる確率か五分五分になっていくのは事実です。でもその事実は「はっきりしないアイデアでエントリー」することとは話が異なります。売買回数を重ねるということは、「ここがチャンス」と考え付いた機会を得た場合のトレード回数を重ねるという事です。何となく、ひっきりなしに取引を重ねるのとはかなり異なります。相場の戦いに立ち向かうためには、あなたが意識して緩急をつけることこそが必要です。「ここで勝負」と思った外国為替市場の時には、持っているポジションを多くして、集中して利益を追求する。「ちょっと分かりにくい為替相場でどうなるか考え付かないな」と思った時は潔く所有ポジションをひとつ残らず諦めて何もせず静観します。このくらいのメリハリをつける方が、結果的にはエントリーはうまくいきます。相場の名言には「休むも相場」というものがあります。実に言葉どおりだと思います。FXとは常にポジションを所有する事が重要ではなく、売買ポジションを保有せず静観していることも場合によっては相場なのである。それでは、いつ、休むべきなのでしょうか。ひとつめは、前述したように、今の外国為替相場がはっきりと理解できない時です。そこからどうなるのか判断できない時は思いつきで行動すると、自分で思い描いた台本とは逆に為替相場が向ってしまい損をする事になります。だから、こうした場面ではポジションを諦め、静観しているのが唯一出来る事です。次に、あなた自身の体の調子が変なときです。健康状態と相場につながりがない感じる投資家もいるでしょうが現実には思いのほか関係があります。健康状態がよくなければ、外国為替市場の重要な場面で、必要な判断ができなくなります。興味がわかない時はマーケットから離れる事も重要な事です。

Link

Copyright © 1996 www.slaterlabs.com All Rights Reserved.