www.slaterlabs.com

一般的な初めての方向けのFX投資のテキストでは、「損失を被った時はナンピン買いを入れることによって、全体の平均の価格を低くする」等と記述されていますが実際にはナンピンには大きな落とし穴がある。まずは、ナンピンの方法について記述しておきます。ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。$買いですので円安ドル高に向うほど儲けが出ますが、反対に1ドルが95円まで円高ドル安に推移したとします。このままの場合ポジションを保持し続けたら、損失が回復するまでには円高になった分、ドル高に向う必要があります。赤字は早急に戻したいと思います。そのため最初にエントリーしたのと同じ量の$を95円で買い増しする。それで、全体の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。すなわち、2.50円の幅で円安に向えば赤字を回復する事ができます。この流れがナンピンの手法です。このような、ナンピン買いの仕組みを目にすると、「納得だ」と考えるが、相場はそう簡単に思った通りにはなりません。元々、1ドル=95円が底値だということなど誰にも予想できません。もしも、外国為替市場がかなりのドル安動向だとしたら95円では止まることなく、よりドル安が加速するリスクは高いです。一例として、97円50銭でナンピン買いを入れたにもかかわらず95円まで円高ドル安に向ったら、ナンピン買いした分についても、赤字が生じます。そういう状況では一番初めに買ったドルとあわせて倍の損が生じる事になります。このように、ナンピン買いは難しいです。それならば、為替が己の台本とは反対に素早く進んだ場合どういった対応で危機を軽減すればいいのでしょうか。こういう場合には選べる術は2つ。ひとつは観念して損を確定する事です。ふたつめは、現在、自分か保有している買いポジションを縮小することでもう一回為替がリカバリするのを待ち望む事だけです。だいぶ消極的な手法だとみる人もいるだろう。しかしながら、持っているポジションに損失が生じた場合、一番正しい方法はこれよりいいものは考えられません。当然、ロジックのうえではナンピン買いする対策もあるように思える。けれどもナンピン買いは、自分がマイナスになっている状態にもかかわらず買いポジションを無くすどころか、遂にポジションを重ねていく手段です。この手法では、危機を回避することなどどう頑張っても不可能だと思ったほうがいいです。ナンピンを続ける事ができればいずれは損失が回復するかもしれません。だけど、それより前に投資資金はショートしてしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.slaterlabs.com All Rights Reserved.