www.slaterlabs.com

ここは為替市場の基礎的理由の説明をしたいと思います。為替取引とは「目の前で現金の送金しない場合でもお金のやり取りの目的を実現する取引」を言います。通常為替の市場というものはほとんど外国為替について示すという人が多いです。国際為替を簡潔にいうと国と国の金銭の交換を指します。海外旅行(シンガポール、アメリカ)など以前にしていれば当然外国為替のやり取りの経験があると思います。近所の銀行に行って他の国の通貨と換金するならば、為替になります。為替相場とは、買う側と売り手の金額を言うものです。銀行と銀行のやり取りの結果確定するものです。それがマーケットメイカーと言われている世界中で指定された銀行です。為替レートは周辺からの見えない力を受けつつも休むことなくみるみると変動して行きます。相場を変化させて行く動因というのはファンダメンタルズが考えられます。ファンダメンタルズが指すのは経済状況、経済の土台とかいろいろな要因のことを言うものです。その国の経済成長や景気の状態、物価水準、金融緩和政策、国際収支統計、失業者数、有力者の言葉と言う要因が関わって為替のレートは変動します。貿易収支と失業率は影響が大きいと考えられます。国際収支とは何か、日本でいえば財務省よりの指示で中央銀行(日本銀行)日本外国貿易統計を叩き台として作成した外国との一定時期の経済取引を残したものです。経常収支は行政機関や日銀のホームページの中で確認できます。雇用者の統計・失業者の数も重大となることが多い項目です。ことにアメリカの雇用統計はポイントとなります。月に一度提示され検証の対象が広範なことが特性です。為替の変化は経済自体の状況を示しています。国の経済の変化を調査することによって為替レートの動向見通しが可能と言う結論です。

Link

Copyright © 1996 www.slaterlabs.com All Rights Reserved.