www.slaterlabs.com

初めて仕かける時という局面では、一番に下準備を横着してはいけません。取引を行う前であったならば、その物を客観的に見ることができる余裕があります。だけれども、ただ一度トレードの内部に踏み込んでしまうと、どうやっても見え方が偏ったものになる事が多く時には適切な判断が出来なくなるリスクがあります。それだけに自分の頭の中が論理的な状況でちゃんとした準備が大切なのだ。その準備のためにはとにかく脚本を書くことからスタートします。これからの相場はこうだから、NZドルをエントリーするというふうに、自分なりの台本を書いていきます。次に日足チャートをチェックする事です。以前の為替レートの上下動を見極めて、現時点での相場を確かめます。そうすれば、「今現在はひどく安い段階だ」など、「今となっては多くの人が勝負している、今さら慌てて買い(または売り)してももう間に合わないな」などと見えてくる。無論今となっては買い(または売り)するのがやりようがないと感じたら、エントリーしないで、それはすっぱりと割り切ることが肝心。どうあがいても自らの台本を妥協しないで無理に取引すると、市場にやられてしまい損をすることになるリスクがあります。ただし大体のケースで、用意周到に自分自身の筋書きを考えているとすれば買い(または売り)がなすすべがないというケースにはならないと思います。たぶん、具体的に外国為替相場が上下動する前のはずです。続いては、まずは自身が売買しようと検討している通貨ペアの上下動を把握する事が肝心。例えばドル高が進むと予想するストーリー展開を描いたのであれば、その外貨の上下動に注目しておくことだ。相場の変動を注意を払い始めた状況ではまだまだドル円は分かりやすく変動する兆しを見せず、小さな上下動をしているだけでしょう。しかしながら、その変化を注目していると、あるところでじわじわとドル高の方向へと外国為替市場が変動し始めます。この状況で初めてドル買いの注文をします。普通、慎重に計画を進めておけば、そのエントリーで儲ける可能性は高まります。

Link

Copyright © 1996 www.slaterlabs.com All Rights Reserved.