仮に1ドル=100円でドル

はじめたばかりの人向けのFXのテキストでは「損が生まれた時はナンピンをして、平均の価格を抑える事ができる」などと記述されている事もありますが現実的にはナンピン買いには落とし穴があります。長野 山の標高ベスト

はじめに、ナンピンの方法に関してごく簡単に説明します。麻雀無料

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。鳩のふん

$買いですので、ドル高になるほど黒字が出るわけだが、思い通りに行かず1ドルが95円まで円高ドル安方向に触れたとします。ダイエットエステ 予約

そのままの状況でポジションを持ち続けたら利益がでるためにはドル安になった分、円安が進まなければなりません。借りれる金融

投資家であれば、損失はなるべく早く取り戻したい思います。ライザップ 六本木店

そこで最初に売買したのと同じ額の$(ドル)を1ドルを95円でエントリーします。すっぴんメイク ccクリーム

すると、ポジションの平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで引き下げることができます。ライザップ 天神店

つまり、半分の幅で円安に推移すれば損を回復できます。レンタルビデオ ネット宅配

この流れがナンピン買いの方法です。

こういうふうに、ナンピン買いの方法を聞くと、「納得だ」と思ったりするが、相場は易々と上手くはいきません。

だいたい、1ドル=95円が底だということなど誰一人として予想できません。

もし、相場が相当の円高傾向だったら、1ドル95円では収まらず、一段の円高になる可能性があります。

一例として、97.50円でナンピンをして、1ドル=95円まで円高ドル安になったらナンピンした分についても差損が生じてしまいます。

それでは、初めに買ったドルと合計で二重の為替差損が生じる事になります。

このように、ナンピンは難解です。

それでは、市場があなたのストーリー展開とは逆向きに素早く進んでしまった場合、どういった手法で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

そこで取るべき方法は2つあります。

ひとつは潔くあきらめて、ポジションを閉じる事です。

もうひとつの手段としては、あなたが所持している買いポジションを小さくする事によって、相場が回復するのを動かないで待つことだけです。

相当後ろ向きな対策だとみる方もいるでしょう。

けれども、自分が保持している買いポジションにマイナスが生まれた時一番正しい対策はこれよりいいものはありえません。

勿論、理屈の上では、ナンピン買いするという方法も効果的です。

だがナンピンは自分か損失を披っている場面にもかかわらず買いポジションを減らすどころか、反対にポジションを買い増していく対策です。

この対策では、リスクを避けることなど、どこをどうやっても不可能だと考えるべきです。

ナンピン買いをし続ければいつの日にかマイナスがプラスになるかもしれません。

しかし、それより前に資金はショートしてしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.slaterlabs.com All Rights Reserved.